読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWESOME 10

2015年11月から約1年間の旅の記録

長期海外旅行 予防接種の是非

001.世界の旅 準備

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s.jpg

 

 

海外渡航のためのワクチン接種は必須?

https://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html

 

当初、2015年10月出発と予定を立てており、3回接種しなければいけないものを考えて5月頃から接種開始。

医療機関はネット検索して、予防接種を専門にしてくれる近くのクリニックを探しました。

 

<調べてわかったこと>

  • 予防接種の種類によって、受けなければいけない回数が異なる。また、その接種間隔も重要。
  • 以前受けたことがあるワクチンとその時期によって、回数等が異なる。
  • 近くの町医者でもできる。が、海外赴任や出張が多い企業が近くにある町医者なら詳しいが、それ以外はあまり期待できないと思われる。相談したいならば、専門に掲げているクリニックがいい。
  • ワクチンの値段も、クリニックによって数百円〜2、3千円異なる。
  • 黄熱病ワクチンだけは、受けられる場所が限られている。
  • 場合によっては、アジア諸国(タイとか香港がいいと思う)海外で受けた方が安い。ワクチンによっては、日本も海外も値段が同じ変わらないものがある。

 

 

我々夫婦の接種計画

医師との相談により、以下のものを受けることにしました。

破傷風 3回 ¥5400/回

A型肝炎 1回 ¥8700/回

 (※2008年に3回受けているので、ブースーターを打つだけとなった)

B型肝炎 3回 ¥8700/回

狂犬病 3回 ¥15200/回

 

上記4種類の2回目までは、5〜6月にかけて、一回ずつ受けました。

 

 注意

・保険が適用にならないので、保険証は不要。

・一回あたり2種類打てるらしいのだけれど、安全面と時間があることから一種類ずつ接種。

・一回打ったら、一週間程度間隔をあけるのも大事らしく、週一ということに。

ワクチン接種での事故があったときのための保険のようなものがあるらしく、接種上の注意事項が守られないと適用されなくなるらしいので、安全をみて、このような計画になりました。

時間があったからいいものの。

 

 

そして、本日、3回目のB型肝炎ワクチンを接種完了。

破傷風狂犬病はもう少し間隔をあけた方がいいらしいので、3月一時帰国予定なので、そのときに接種。

 

また、このほか黄熱病ワクチンも接種を考えている。これは、海外にしようと思ってます。

 

奥さんと一緒に病院へ行きますが、いつも恐々痛そうにしています。
子供みたいで、かわいいです。
注射は平気な自分。親の気持ちで見守ってしまいました。

予防接種打っておくだけでちょっと安心。バッチリです。