読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWESOME 10

2015年11月から約1年間の旅の記録

ワルシャワの地下鉄で最寄駅をスルーされる

001.世界の旅 34.ポーランド

ヴィリニュスからワルシャワに到着。

10時間。一段と長いバス旅でした。

ヴィリニュスの街は思ってたよりずっと良かったです。二泊でちょうどいい感じでした。

それにしても、最近移動ペースが早い。
2日毎に隣の国に移動してます。


ヴィリニュスを朝出てきたはずなのに、ワルシャワに到着した頃にはすっかり暗くなってました。
{45750307-67F3-4F65-AA62-F20A279CC53A}



そして、青空だったヴィリニュスから一転ポーランドはどんより。霧雨。


そして、何より東欧の旧市街の古いイメージだったけど、ワルシャワ都会すぎます。

高層ビルがたくさんあります。
何故か仙台に似てるような気がします。


バスはバスターミナルではなく、マルモントという地下鉄の駅に止まり、そこで降ろされました。
{69366510-CC2B-4E31-A087-4CEDED083A08}


地下鉄の一回券を渡され有無を言わさずです。こんな小ハプニングは旅には"よくあること"です。
{7777C118-A4AE-45D4-A4E2-143B7E352FF0}



地下鉄、かなりきれいです。当初降りるはずだったバスターミナルより宿まで行きやすかったのでよかったです。

このまま宿の最寄駅まで向かってしまいます。

地下鉄に乗り込み、どれ、この駅で降りなければ、そう立ち上がったら、なぜかその駅をスルーされました…あれっ?


こんな小ハプニング旅では
"よくあること?"です。


仕方なく、ひとつ先で降りて戻ることに。

反対側の電車はすぐに来ました。
乗り込んで、発車。
どれ、降りるか、と思った瞬間、

…また、スルーされました。


こんな小ハプニングはよくあること、、、と思っていたら、奥さんがイライラし出しました。

堪忍袋の尾の長さが違うみたいです。

「まあまあ、最寄の駅で何かあったんだよ。次だめだったら、その先の駅から歩いて行こう」

この一言でとりあえず奥さんの出火は免れました。


また、降りて向かい側のホームから最寄駅方向に乗り込みます。


そこに車内アナウンス。最寄駅の名前でなんとかと何やらポーランド語で言ってます。

それにしても、ポーランド語。聞こえてきた言葉をマネしようと思っても発音できません。文字も大体アルファベットなのに読めそうにもありません。


奥さんが近くに座っていた地元の女性に英語で聞いてみると、アナウンスをちゃんと聞いてなかった様子で、

「何故かわからないけど、その駅には止まらないみたい」とのこと。

やっぱり電車は最寄駅をスルーしようとしてます。

駅を通りすぎているそのときです。

はっ!!!
何か見えました。

警察官3人が、椅子に置かれた黒いバッグを遠巻きに囲んでますガーン
どう見ても不審物です。

やばい?やばいかも!!!
爆発してしまったら??と瞬時に焦りましたが、
何事もなく通り過ぎました。


こんな小ハプニングと呑気なこと思ってましたが、もしもやばいやつだったらと思うと、、、


幸い何事もなく駅に到着。
外は霧雨。
一駅分距離が遠くなりましたが、なんとか宿に到着したのでした。