AWESOME 10

2015年11月から約1年間の旅の記録

day36 グラナダの名所アルハンブラ宮殿チケットに翻弄される

グラナダといえば、世界遺産アルハンブラ宮殿

1238年にここにグラナダ王国が建国され、1492年に陥落するまでイベリア半島で最後までイスラム文化が支配していた場所。

これは是非みないと。

 

スペインに来てからというもの、他のアンダルシアの都市の観光地において、どの場所でもほぼ楽々チケット購入や入場。

ここアルハンブラ宮殿のチケットも行列必須、事前チケット予約必須などという情報がガイドブックやネットで書かれていたが、あまり気にもとめていなかった。

それが甘かった。本当にチケット手に入れられないのだ。

 

 

グラナダに来てから調べてわかった(遅すぎ)のだが、アルハンブラ宮殿の入場チケットはかなり入手困難で、かなり前から予約しないと手に入れられないとのこと。

わざわざここまで来たのに。汗が出てきた。

 

ネットで当日券について調べてみると、あった!あるにはあるが、朝8時のチケット販売開始のために、朝6時頃から並ばないと手に入れられないということだった。

この時点でも、自分はそんな観光地ってあるのか?と半信半疑であまり気にも留めていなかった。

 

あの事前予約必須と言われていたサグラダファミリアでさえ、前々日の夜に希望通りのものをゲットできていた。ネットで調べて「ものスゴイ行列ができて、何時間待ちでした」というような観光地でさえ、すんなり入れたことのほうが多く、「事前予約必須」「行列覚悟」といった類の言葉をもはや信じなくなっていた我々夫婦はここで痛い目を見ることになった。

 

 

AM9:00 グラナダの街中のインフォメーションへ行ってみる

昨日、宿のおじさんがチェックインのときいろいろ教えてくれたことを思い出した。アルハンブラ宮殿のチケット予約をしていないというと、アルハンブラ宮殿のインフォメーションでもしかしたら買えるかもしれないという話をしていたので、カテドラル近くのインフォメーションへ行ってみた。

 

すると、6月まではここでチケットは買えないとここのお姉さんがおしえてくれた。

この時点で、麻は翌朝並ぶことを覚悟したらしいが、自分は無駄足でも本当にないものなのか確認したくなる性分。

 

一人でアルハンブラ宮殿入り口のチケット窓口の方へ行ってみることにした。

 

 

AM10:00 アルハンブラ宮殿のチケット売り場をひとりで偵察

/間違って別のチケットを購入してしまう

 

チケット売り場到着。並んでいる人はあまりいない。

麻の調べではチケットマシンがあるとのことだったので、とりあえず、チケットマシンの方へ行ってみる。誰もいない。いくつか並んでいるが、マシンの色が違っていた。

とりあえず、赤い色のマシンを見てみると当日券と思われるものが表示され、Not Available の文字。売り切れのようだ。

隣のマシンに行ってみると予約のマシンのようだった。また違った色のマシンに行ってみると、今は受け付けていませんの文字。

 

また、緑色のマシンに行ってみると、午後のチケットがあるようだった。

よくわからないが、「なーんだ、あるんじゃん」と購入、発券。

無事手に入れた!!!と思っていた束の間、チケットには幾つかの種類があるのではと、、、急に思った。

 

さらに、”早朝に並ばないと買えない”という話を思い出した。

チケットについてはほぼ麻が調べていた情報を聞いていただけで、自分では一切調べていなかった。ただ、午前と午後の入場があるという言葉だけ覚えていた。一気に、焦る。やばい、間違ったものを買ってしまった。。。

 

焦りながら壁をみると、どうやら、4種類チケットがあるらしい。そう壁に書いてあった。

そして、チケットマシンの色の違いはチケットの種類ごとに違っていただけのようだった。

購入したのは、GENERALIFEとかなんとかいうところをメインにしたチケットで、宮殿以外に入れるものだった。

 

 

AM11:00 部屋に戻る

麻に伝えると想像通り、怒られた。

バジェットトラベラーが一番してはいけないような間違いだと。。。

 

夜宮殿だけに入れるチケットがあるようで、それを買えば、損失を埋められると思ったが、あいにく曜日が合わなくて断念。

 

 

PM12:00 とりあえずアルハンブラ

払い戻しはできないのでとりあえず、午後からの部で宮殿以外に入ることにした。

早めに行き、もう一度二人でチケット窓口、チケットマシン、操作方法などを確認した。

この時点で間違って買ったチケットすら売り切れに。

しかし、宮殿に入らなければ来た意味がない。翌朝にかけることにした

しばらく、園入り口付近で見ているとほぼ団体さんばかり。個人でチケットを購入する人はわずかのように見えた。

 

 

PM2:00 間違って買ったチケットで入園

このチケットで植物園などを見る。宮殿以外の全部を見ることができる。

庭園はあまりにも手入れが行き届いたで、バラが咲き乱れていた。色とりどりの小さな花もあり、青空に映える。

ここだけでも来てよかったと思えるような場所だった。

もともと山の上にある城なので、心地よい風が吹く。一気に癒された。間違ってとってしまったチケットだったが見られてとてもよかった。Alcazabaという古い城壁にも登れる。素晴らしい眺め。

3時間ほどかけて、宮殿以外をすべて見た。なかなか、疲れた。

 

 

 

PM6:00

まだまだ明るい。明るいのでお昼ご飯のような気分で夕食をとる。

宿の近くはモロッコ人のエリアにあるらしく、ヨーロッパとは思えないような雰囲気が漂う。

モロッコ料理のレストランも数多くあり、そのひとつで食事をする。

なかなか美味しい。アフリカ気分を味わえた。

 

PM7:30

宿に帰り、明日に備える。

5時に起きていくつもりだ。

 

朝から大変な1日だった。

 

 

-----------------

アルハンブラ宮殿庭園入場チケット(宮殿以外観れるチケット)

7ユーロ+手数料無料1.4ユーロ