AWESOME 10

2015年11月から約1年間の旅の記録

2016.MAR9 世界で見つけたジブリの風景 風の谷

エアーズロックはとても有名な世界遺産ですね。

エアーズロックしか知りませんでしたが、よーく調べてみるとexactlyな名前が!

その名も”風の谷”。

風の谷のナウシカの雰囲気を味わえます。

 

f:id:owesome10:20170224142600j:plain

 

風の谷について

風の谷は午後になると、気温が上がると入域禁止となるため、午前中にのみいくことができます。

入り口から入ると、時計回りか反時計回りに回ることができ、1周7kmあります。

写真を貼り付けたいですが、禁止されているので写真なしです。

 

ペジテの飛行機が墜落した場所とそっくり。風の谷の雰囲気に十分ひたれます。

ウルルは砂漠のようなイメージですが、案外雨が降るらしく、滞在中夜は毎晩土砂降りの雨でした。川もできます。

日中は快晴でかなり暑いです。

 

ハエ避けネットは必須です。日本で売っているものの方が質がよく安く買えるので持って行きましょう。

 

オルガ渓谷も風の谷と同じ雰囲気でみることができます。

 

我々夫婦のウルルの回り方(3泊4日)

ガイドブックをみてもイマイチよくわからない仕組みのウルル。
宿泊先もほんとうにエアーズロックリゾートしかないようです。

宿泊できても、肝心のエアーズロックへ行くまで、どういうルートやどういう手段が一番安いかわかりませんでしたが、行ってみたらなんとかなりました。

 

1日目:飛行機にてエアーズロック空港に到着。

    シャトルバス予約とスーパー買い出し。

2日目:ウルルサンライズ、サンセットおよびウルルを1周徒歩で歩く

3日目:午前:カタジュタ 風の谷へ

    午後:カタジュタ:オルガ渓谷

4日目:エアーズロックからメルボルン

 

これでとても満足。十分堪能しました。

 

ウルルでの移動は、ウルルエクスプレスの2day passを買いました。

ツアーに参加するよりも自由度があって、よかったです。

Welcome to The Uluru Express | Uluru Express

 

ウルル、カタジュタ両方見るには、中2日あれば十分です。

行ってみると日本人が多い多い。

ここの観光の仕方は、

  • ツアーに初めから参加する
  • レンタカーを借りて自分で見る
  • シャトルバスサービスに申し込む

のいずれかになるようです。