読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWESOME 10

2015年11月から約1年間の旅の記録

2016.NOV22 ミャンマーのビザをバンコクで申請取得する

バンコクミャンマー間の飛行機は安いです

ミャンマーはタイのお隣の国。

航空各社がしのぎを削っています。

 

LCCバンコクドンムアン空港から、

それ以外はスワンナプーム空港から飛んでるようで、

本数もまあまあ多いです。

 

調べてみると、LCCは片道5000円程度ヤンゴンまで行くことができるようです。

なんて安い!

しかも、エアアジア以外のLCCなのに追加料金なしで荷物を預けることもできるみたいです。

 

ちなみに帰りの飛行機はNok Airという航空会社で、

運賃は1000円ほど、税金などが3000円くらいで計4000円でした。

なんだこの運賃の安さ!

 

ということで、ミャンマーへ行ってきます。

 

 

ミャンマー大使館でビザを申請してみたところ

ミャンマーはビザが必要な国ということで、本日、

バンコクにあるミャンマー大使館で無事受け取ってきました!

申請から受け取りまで、3営業日かかるもので800バーツ(2400円くらい)です。

 

即日発行だと高いです。(5000円くらい)

ウェブでも取れるらしいです。(50米ドル)

 

大使館でビザ!

スリランカキューバのビザを取ったとき以来の緊張感があります。

でも、ものすごく簡単に取れます。

日本で取るより安くて簡単だと思います。

 コピーをしてくれるお兄さんが、愛想がよくていい人でした。

 

バンコクミャンマー大使館でのビザ申し込み方法>

・申し込みは午前中のみです。

・最短即日、2営業日、3営業日で発行が可能。それぞれ値段が異なります。

 

必要なもの

  • 申し込み用紙(ビザ発給窓口の入り口でもらえる)
  • 証明写真(縦4.5cm×横3cm)を2枚(窓口近くでも撮れるようです)
  • パスポートのコピーを1部(窓口近くの待合場所で3バーツでできる)
  • パスポート
  • 申し込み代金(バーツのみ)

 

手順

  1. ビザ発給窓口に入ると受付番号と申し込み用紙を渡される。
  2. 申し込み用紙に記入し終える頃に、受付番号が呼ばれる。結構、人が多いので待ちます。
  3. 申し込み用紙には、一般的なことと、タイでのホテルの住所、ミャンマーでのホテルの住所、入国日、出国日など職歴などを記載する。
  4. 電光掲示板に自分の番号がでるので、呼ばれたら、必要書類をもって窓口にいってお金を払います。
  5. 引換券をもらいます。

(現在の仕事とか書くところがありましたが、してないので記入しませんでしたが大丈夫でした。)

 

申請中はパスポートを預けることになります。

3営業日で発行の場合は両替などで困るので、一部コピーを持参するようにしておきましょう。

 

受け取り

・引き換え日の午後15:30〜16:30の間に取りに行きます。