読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWESOME 10

2015年11月から約1年間の旅の記録

day100 エセイサ空港に市バスでお安く移動してみた

ブエノスアイレス、エセイサ空港に到着しました。100日目というキリいい日に南米の旅が終わります。

これから、キューバへ向かいます。

この空港までの移動について。
ネットで調べると、空港から市内への移動についてはすぐにヒットするのに、市内から空港への方法はなかなか見つからないのは、なぜでしょう。

結局、見つけたのはタクシーやリムジンバスなどありそうですが、どれも結構な値段。それも、市街地からかなりはなれてるからのようです。
ちなみに到着後ほ空港調査でTienda Leonという会社のリムジンバスはレティーロ駅まで190ペソ。


手持ちのペソが、残り少なくなったことと空港での待ち時間が長くなりそうということで急がずゆっくり市バスを利用することにしました。


バスの番号は8番
このバスに乗れば空港まで連れて行ってくれました。
約2時間かかるということで、覚悟してましたが、1時間55分かかり到着しました。

この8番のバス、ブエノスアイレスの宿の最寄りスブテ(地下鉄)駅のLimaに到着した時、駅から階段を上って地上に出たところにバス停がありここからAeropuerto EZEIZAと行き先が書かれているのを偶然目撃していました。

バスはLa BocaからPlaza de Mayoを経由してAvenidad de Mayoを通って空港へ向かうようです。
ちなみに空港から市内への路線も8番でほぼ同じルートを通るみたいです。

そして何と言ってもびっくりしたのがその料金。
7ペソでした。
なんと日本円で50円ほどです。
リムジンバスは27倍。

行き先を運転手に言ってスーベと言うSuicaのようなカードを機械にタッチして支払いです。
(我々は滞在中バスは一回6~7ペソ、地下鉄は4.5ペソを目安に乗る回数を数えて5ペソ単位でチャージしてました。)
{ED35F4D2-93C1-44DB-9C4A-11C8F7503EFF}



車内は途中、混み合う場所もありましたが、我々夫婦は空港まで座って行くことができました。
そして荷物、コロコロのキャリーも運べました。中には車椅子のスペースがあるので広いですし、利用していなければそこに置けそうです。

何より、ブエノスアイレスのバスは本数が多くて8番も頻繁に走っています。

ほかの路線では3台連続で同じ番号のバスが連なっていて、先頭のバスだけが混んでいると言うのを、何度も見かけました。


空港にバスが到着するとターミナルC側の端の方に到着するので歩いてターミナルへ向かいます。
{AF29915E-2652-4E0D-9710-EC98578B6ADA}


現在運用されているのはAとCターミナルで、それぞれ歩いて行き来できますがちょっと離れてる。

ちなみに我々はターミナルCからの出発で、アルゼンチン航空デルタ航空などのスカイチームが運用しているターミナルのようです。小さいです。
{6C98859F-4785-48A7-B971-6B1251C027C5}

そしてAターミナルはまあまあ大きい。
{85A0BEDD-09DE-43AE-A70B-EB52E025586D}


そして、この空港では、パスワードなしでWiFiが使えました。
速度もなかなかです。

長いフライト待ちの始まりです。
キューバでは、インターネットが特定の高級ホテルでしか使えないしかも高いと聞いたので、これからオフラインの生活です。
どうなることか。